ワキガは遺伝以外でもうつることがある?

ワキガのお客と一緒に暮らして、「自分にもワキガがうつったではないか…」と耐えるお客はいませんか?

大丈夫です。
ワキガは遺伝による因習で、お客に移ることはありません。
特に、家事がワキガの場合は遺伝でワキガになった可能性が高いのです。

ではなぜ、お客にうつらないワキガが「自分にもうつったのかもしれない」と思ったのでしょうか。

その原因は、ワキガの「ニオイうつり」にあります。

そういった今回は、ワキガのニオイうつりを予防するために気をつけるべきキモを3つの事件特別まとめてみました。
ワキガのニオイソリューションとして、ぜひ参考にしてください。

ワキガは遺伝だからうつらない

ワキガは「遺伝」による因習の結果、お客に移ることは100%ありません。
一緒に生活しているからといって、ワキガが先方や傍からなどからは移ることはないのです。

一方、遺伝でワキガに変わる百分比は厳しく、父母ともワキガの場合だと生まれた小児は75%限り、父母の片方だけがワキガの案件、50%以上の確率でなります。
このため、自分の父母にワキガ因習のお客がいる場合は、自分もワキガ因習のケー。

確認:汗臭いとは違うニオイ…原因は遺伝?ワキガとは

ワキガの人の着物を借り入れる事
ワキガ因習の人の着物を借りた案件、そのニオイがほかの衣装にも移ることがあります。

特に、ポリエステルなどの「化学繊維」の着物は、吸水性や通気性がよくありません。
そのため、ワキガのニオイを強めてしまったりニオイが繊維に残り易くなります。

また、冬場は厚着をするので、化学繊維の衣装は特にムレ易く、黴菌が繁殖してワキガのニオイを鍛える傾向にあります。
ワキガ因習のお客は、着物のクオリティーを綿などの「生来クオリティー」にするといった考案が必要です。

また、衣装についたワキガのニオイは、洗濯してもなかなか消えないのがトラブルだ。
着物にワキガのニオイがついたとおり放置すると、時間が経つにつれて、ニオイがどんどん染み付いて並べるのに一苦労します。

洗濯をするなら、放置せずに早めにすることが重要です。
この時、ニオイの欠ける衣装と一緒に洗うと、洗濯チャンスの中でニオイがうつってしまうので気をつけましょう。

そのため、ウェアのニオイうつりを防ぐには、とにかく“一緒にしない”ということが重要です。
また、ニオイが欠ける衣装と分けて洗濯し、乾かす時も離して干しましょう。

ワキガの人の後にお風呂に入る事
ワキガのニオイは、アポクリン汗腺からある汗が原因です。
では、ワキガのお客が入った後にお風呂に入るのは大丈夫なのでしょうか?

答弁からいうと「湯舟のお湯を介して、ワキガが伝染することはありません」。

お風呂に入るまま、体躯をキレイに洗ってから入浴すれば、ワキガのニオイうつりは防げます。
また、ワキガのニオイを憶えることもありません。
これは次に湯舟に加わるお客への作法として、覚えておいてください。

本当はワキガのニオイは、営みで治めることができます。

その一種が、「しっかりと湯舟に入る要素」だ。

しっかりと湯舟に15分程浸かり、毛孔を開かせて汗をかくことを何度か増やすと、血行が促進されて代謝が高まります。

すると、ワキガの理由黴菌が繁殖しやすいアルカリ性から、「理由黴菌が住み難い酸性」へと景気を入れかえることになる結果、ニオイソリューションに効果的なのです。

酸性になった汗は、サラサラしており、ニオイも薄い結果「良い汗」といわれています。
こういうサラサラ汗を出すことができれば、ワキガの変化になるのです。
シャワーだけだと、体の表面の変色しか取り外せません。

ワキガのお客と性行為する時
ワキガの人の気質は、アポクリン汗腺が多いことだ。

こういうアポクリン汗腺は、側だけに残るものではありません。
ワキガ因習のお客は、乳首や陰部にもアポクリン汗腺が多くあります。

陰部のワキガは、「すそワキガ」と呼ばれ、側と同じニオイを発します。

性行為では、先方と体躯を密着して汗をかく結果、ニオイも発生しやすくなります。
そのため、一時的ですが、先方にすそワキガやワキガのニオイがうつってしまうことがあります。

それを避けるには性行為の程度に、お風呂に入って体躯を清潔にください。
この時も、シャワーで終わらすのではなく、「湯舟に浸かる」ことをおすすめします。

また、すそワキガ用の「デオドラント」を扱うのも効果的です。
性行為の前に先方に塗ってあげれば愛情が深まるでしょう。

ワキガはうつらない。それでもニオイは移る。

ワキガのお客と生活しても、ワキガ自体はウイルスが原因ではないので、まず移ることはありません。
ただし、ワキガのお客が着た衣装や使ったタオルなどを介してニオイがうつったり、性行為のまま体躯を吸着させることが原因でニオイが移る場合があります。

そうならないためには、

「洗濯は、ニオイがついている存在と、欠けるものを分けて洗う」
「入浴や性行為の時は小ぎれいを噛みしめる」

この点に注意していれば先方にうつらないのです。

今回は「着物を借りた事」、「入浴」、「性行為」と3つの事件特別推薦しました。
相互しっかりソリューションをすればニオイうつりは防げるのです。