わきがとアポクリン腺

日本ではわきのニオイを気にしている人は多くいますが、
日本人全体の中でわきが体質の人は約10%の割合だと言われています。


わきがのニオイは単なる汗臭さとは違っており、ツンとするような酢のニオイやネギのニオイ、
納豆のニオイなどに例えられることからもわかるように、独特な強いニオイであるため、
わきが体質の人は他人から臭いと思われるのではないか
などの不安を抱えて生活しなければならないことが問題となっています。


そんなわきがのニオイは、汗腺のひとつであるアポクリン腺から出る汗に原因があります。


汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺がありますが、エクリン腺から出る汗の成分がほぼ水と塩分なのに対し、
アポクリン腺から出る汗には脂質やたんぱく質、糖質、アンモニアなどの成分が混ざっており、
これが皮膚の表面にいる常在菌によって分解されることで独特の嫌なニオイが発生してしまいます。


アポクリン腺は体の中で脇の下や陰部、耳の中、乳輪、肛門などの部位に存在しており、
誰でも持っているものですが、わきが体質とされるニオイの強い人はアポクリン腺の数が多かったり、
ニオイの弱い人に比べて大きいなどの特徴があります。


こういった事情があるため、わきがに悩んでいる人は脇の下のアポクリン腺にニオイ対策をすることで
症状の軽減を図ってみてはいかがでしょうか。


例えば、アポクリン腺からの汗の量を抑える方法の中で、
手軽に安い費用で使えるものとしては塩化アルミニウム液があり、
皮膚科などで汗のニオイや汗の量が多いことを相談すると処方してもらえます。


塩化アルミニウム液は自分で脇の下に塗って汗を止める方法になりますが、
他にもボトックス注射という施術を脇の下に受けることで、半年ほど汗腺の働きを抑えて汗の量を減らし、
ニオイも抑えるという治療法も皮膚科などで取り扱っています。


最後に、ニオイのもととなるアポクリン腺自体を手術で切除してしまうという方法は、
重度のわきがに悩む人に向いており、美容外科や形成外科で受けられるため、
どうしても他の方法で改善出来ない場合は手術について医師に相談すると良いでしょう。